セカンド・ルネッサンス:第九話

veiros.hatenadiary.jp

f:id:veiros:20200330195420p:plain

グールとの会話

[20-Mar-29 PM 09:55] ストーリーテラー#3651

{Attachments}
https://cdn.discordapp.com/attachments/690507708293578782/693805608792490054/Vampire__The_Requiem.png

日時:2020年3月20日17時(前回から十日後
場所:合衆国フロリダ州マイアミ市 ソフィーヤ様のお屋敷
血潮:8点(起床により1点
意志力:4点

ok

[20-Mar-29 PM 09:56] パトリシア#6215
おk

[20-Mar-29 PM 09:56] ストーリーテラー#3651
政治資金パーティが終わってからも取り立ててモイライとやらからの連絡はなく、ソフィーヤ様の付き人としてエリュシオンに出席し、警護の仕事をしたり、行事の手伝いをしたり、版図である大学を回って貧血者や不審者がいないか点検したり、それからソフィーヤ様の命で、ドローレス・ディーヴァ参議に密書を送るという仕事をこなした。

そして今宵も目が覚めた。

真っ暗の世界で手を伸ばし、棺桶のフタを開ける。ごとん。

部屋には灯りがついていて、アリアルがよってきて元気よく挨拶する。
「おはようございます。パトリシア様」

{Attachments}
https://cdn.discordapp.com/attachments/690507708293578782/693805980345172018/blackberry_cookie_cookie_run_drawn_by_cielu__sample-ce93ecbf3c62b33818e8d423fab50b4d.jpg

[20-Mar-29 PM 09:57] パトリシア#6215
「おはよう。アリアル」

[20-Mar-29 PM 09:57] ストーリーテラー#3651
言うが速いががしっと抱きついてくる。乙女の身体の温もりとシャンプーか何かの良い匂いがする…。
「今夜もパトリシア様に会えて嬉しいです。愛しています」

血の契りはアリアルの中で猛威を振るっているようだ…。

[20-Mar-29 PM 09:58] パトリシア#6215
「私も会えて嬉しい」

[20-Mar-29 PM 09:59] ストーリーテラー#3651
その言葉に感激しているのが手に取るようにわかる…。
「さっきまで不安だったんです。もう会えない気がして。でも今は幸せで一杯です」

すりすり。

聞く?

[20-Mar-29 PM 10:00] パトリシア#6215
ん?

[20-Mar-29 PM 10:00] ストーリーテラー#3651
ヘルヴェティカとの関係がうまくいっていないようだ…。
「あなたを見ているとつらい」などと言われて喧嘩になってしまった。それにパティへの思慕の他、学習意欲の増進と引き換えに社交意欲が減退し、食事もヘルヴェティカとは別々に取るようになったらしい(ぼっち飯)。しかも本を読みながらサンドイッチで済ますとか。

[20-Mar-29 PM 10:00] ストーリーテラー#3651
「メルナという友達がいたんです。思い返せば、今のアリアルのようでした。彼女も誰かのグールだったのでしょうね」

「でもメルナは死んでしまって。なんで死んだんだろうって、今考えると、怖くなって…」

[20-Mar-29 PM 10:02] パトリシア#6215
ぎゅっと抱きしめてあげて、頭を撫でてあげる

「大丈夫よ。私が一緒にいるから」

[20-Mar-29 PM 10:03] ストーリーテラー#3651
「パトリシア様にそうされるとアリアルの中で幸せがぱぁ〜って広がって、みんなどうでも良くなります。ナナリさんのように、百年お側に居たいです」

「はい…!」

[20-Mar-29 PM 10:04] パトリシア#6215
隠していることに罪悪感を感じる

[20-Mar-29 PM 10:04] ストーリーテラー#3651
微塵も疑っていない。

[20-Mar-29 PM 10:04] パトリシア#6215
うん

[20-Mar-29 PM 10:05] ストーリーテラー#3651
リビングにあがる?

[20-Mar-29 PM 10:05] パトリシア#6215

親との会話

[20-Mar-29 PM 10:05] ストーリーテラー#3651
ソフィーヤ様はいつも通り安楽椅子を揺らしながらお手紙を読んでいる…。

いつも通りだ。もしかしたらこんな日常を何十年続けてきたのかもしれない。

[20-Mar-29 PM 10:06] パトリシア#6215
「おはようございます。ソフィーヤ様」

[20-Mar-29 PM 10:06] ストーリーテラー#3651
「おはよう。我が娘よ」

「近頃はアーヴィングの娘と付き合っているそうではないか?」

{Attachments}
https://cdn.discordapp.com/attachments/690507708293578782/693808431764734048/259211_d11316_totalbody.jpg

[20-Mar-29 PM 10:09] パトリシア#6215
「確かにリリィベルとは最近一緒にいることが増えたかもしれません」

[20-Mar-29 PM 10:09] ストーリーテラー#3651
「ふむ…。妾はあの小娘は好かぬ。親に似て軽薄。淫乱の気があり、謙虚さも見えぬな。家令どのも同じ見解じゃ。お主にはどう見えておる?」

[20-Mar-29 PM 10:12] パトリシア#6215
「そういったところがあるようには私も感じます」

[20-Mar-29 PM 10:12] ストーリーテラー#3651
「お前もそう思うか。…ディーヴァ氏族内ではあの者が持て囃されておる様じゃのう。理解し難い氏族よ」

「あやつは公子の不可解なる命により抱擁された娘じゃ。お主のような「ついで」とは違い、どのような目論みがあるか解らぬ。あまり近寄ってはならぬ」

[20-Mar-29 PM 10:16] パトリシア#6215
「しかしながら、その目論見が何であるかは、近づかなければ探りをいれられないのでは?」

[20-Mar-29 PM 10:17] ストーリーテラー#3651
「…ふむ。それは…確かに」

「口差がないものはきゃつとお前が寝所を共にする仲だの言うものもおる。互いの視線が嫌らしい等な」

「我が娘がディーヴァに誑かされたなどという噂を聞くには忍びないが…」

「お主、指輪を贈られる仲となり、何かを掴んだのか?」

[20-Mar-29 PM 10:22] パトリシア#6215
「残念ながら、今はまだ大した情報を得られていません」

[20-Mar-29 PM 10:24] ストーリーテラー#3651
「そうか…。昨今の世界肺炎により株式が暴落したであろう? 公子は回避したそうじゃ。やはり何かあるとしか思えぬの…。正体不明の力を持つ公子を相対し、反対意見を上奏することは難しい。他の参議も気味悪がっているの」

[20-Mar-29 PM 10:26] パトリシア#6215
「それは確かに気味が悪いですね」

[20-Mar-29 PM 10:27] ストーリーテラー#3651
「パティよ。先に言った小娘の件は取り消そう。何か解れば報告するように」

[20-Mar-29 PM 10:27] パトリシア#6215
「はい。承知しました」

[20-Mar-29 PM 10:27] ストーリーテラー#3651
そこでソフィーヤ様は目をパティから次の封筒に移して、便箋を読む。

「…ふむ。珍しいの。マイルドが手紙を寄越すとは」

「…パティ。そこに座っておれ」

[20-Mar-29 PM 10:28] パトリシア#6215
「はい」

[20-Mar-29 PM 10:28] ストーリーテラー#3651
ソフィーヤ様は便箋を読む読む。

「パティや。マイルドの事は話したかのう…?」

[20-Mar-29 PM 10:30] パトリシア#6215
「初めて聞きます。どなたですか?」

[20-Mar-29 PM 10:30] ストーリーテラー#3651
「我が姪よ。社交的でないために表には滅多に出ないが、”プレイヤー”の称号を持つ、インヴィクタスを代表する血族画家でもある。お主の部屋に飾っている妾の肖像もあやつの作よ」

「エリュシオンに顔を出すのも数年に一度あるかないか。特定の友人にしか会おうともしない。そのきゃつがお主の肖像を描いて妾に贈りたいと申し出てきおった」

[20-Mar-29 PM 10:33] パトリシア#6215
「それは珍しいことなのですか?」

[20-Mar-29 PM 10:34] ストーリーテラー#3651
「常に誰かを描いているのだから、珍しいといえば、そうでもない。しかしそれは名誉あること。奴に描かせることはステータスシンボルでもある」

[20-Mar-29 PM 10:34] パトリシア#6215
「なるほど」

[20-Mar-29 PM 10:36] ストーリーテラー#3651
「明日をも知れぬ幼童など描きはしないのだが、妾に援助でもして欲しいのか。パティや、どのような見返りを望んでいるのか聞いてくるが良い。絵を描かせるかはお主の判断に任せよう」

[20-Mar-29 PM 10:37] パトリシア#6215
「はい」

[20-Mar-29 PM 10:37] ストーリーテラー#3651
封筒を貰う

アトリエの地図がある・・・

引きこもりなので大抵そこにいるらしい。

[20-Mar-29 PM 10:38] パトリシア#6215
ではそこに向かう

[20-Mar-29 PM 10:38] ストーリーテラー#3651
……

スバルに乗って向かうわけだが。

アリアルは連れていくとして

運転はパティでいいの。

アリアルは免許持って無さそう。

[20-Mar-29 PM 10:39] パトリシア#6215
ならパティでいいんじゃない

わざわざ無免許運転させる必要もないし

初戦闘

[20-Mar-29 PM 10:39] ストーリーテラー#3651
うん

出発進行するだろ。

近頃のコロナウィルス騒ぎ+暗い夜道で他に車はない。

安全運転を心がけるパティ。最初に気が付いたのはアリアルである。

「…?」

「パトリシア様。何か聞こえませんか?」

[20-Mar-29 PM 10:40] パトリシア#6215
耳を澄ませて聞いてみる

[20-Mar-29 PM 10:40] ストーリーテラー#3651
(ガンガン!)
車の後ろのほうで何か音がする…。

(ガンガン!)
トランクの中から叩いているような音だ…。

(Guuuuu…)
唸り声もする…。

[20-Mar-29 PM 10:42] パトリシア#6215
車を近くに人がいなさそうなところに止める

[20-Mar-29 PM 10:42] ストーリーテラー#3651
止めた。

目に付かない林道の中。

[20-Mar-29 PM 10:42] パトリシア#6215
武器になりそうなものって持ってない?

[20-Mar-29 PM 10:42] ストーリーテラー#3651
ソフィーヤ印の銀のナイフかな。

夢の中で拾って、何故か手元にある。

[20-Mar-29 PM 10:43] パトリシア#6215
それを持ちながら、トランクをゆっくり開ける

[20-Mar-29 PM 10:43] ストーリーテラー#3651
ぉー

いやあ、アリアルに開けさせると思ったがそうでもなかった

{Attachments}
https://cdn.discordapp.com/attachments/690507708293578782/693817706809393152/94965.hq.jpg

こういうのが飛びかかってくる。

コンバットフェイズ

[20-Mar-29 PM 10:44] パトリシア#6215
パティはメグと違って戦闘能力があるからね

[20-Mar-29 PM 10:44] ストーリーテラー#3651
警戒しながら開けたから奇襲はなし

真面目にやろう

とりあえず知性+オカルト判定どうぞ

[20-Mar-29 PM 10:45] パトリシア#6215
5d10

[20-Mar-29 PM 10:45] アルカBOT#3062
@パトリシア
DiceBot: (5D10) > 30[8,2,9,7,4] > 30

[20-Mar-29 PM 10:46] ストーリーテラー#3651
聞いたことがある…グール犬。またの名をヘルハウンド。人を殺すために訓練された暗殺者である。

イニシアティブ

1d10プラスイニシアティブ

1d10+6

[20-Mar-29 PM 10:47] アルカBOT#3062
@ストーリーテラー
DiceBot: (1D10+6) > 8[8]+6 > 14

[20-Mar-29 PM 10:47] パトリシア#6215
1d10+5

[20-Mar-29 PM 10:47] アルカBOT#3062
@パトリシア
DiceBot: (1D10+5) > 2[2]+5 > 7

[20-Mar-29 PM 10:47] ストーリーテラー#3651
こちら先行

牙で格闘攻撃。

ダイス・プール9

9d10

[20-Mar-29 PM 10:47] アルカBOT#3062
@ストーリーテラー
DiceBot: (9D10) > 37[10,3,3,1,4,9,3,2,2] > 37

1d10

@ストーリーテラー
DiceBot: (1D10) > 3

ごめ

なにしろ初めてに誓いから

[20-Mar-29 PM 10:48] パトリシア#6215
うん

[20-Mar-29 PM 10:48] ストーリーテラー#3651
防御いくつ?

と聞く

防具はなし

[20-Mar-29 PM 10:48] パトリシア#6215
3

[20-Mar-29 PM 10:48] ストーリーテラー#3651
≪怪力≫を起動。

ダイス・プールは11になった。そして3引いて、8。

もっかいふる

8d10

[20-Mar-29 PM 10:49] アルカBOT#3062
@ストーリーテラー
DiceBot: (8D10) > 54[10,6,7,6,6,9,4,6] > 54

1d10

[20-Mar-29 PM 10:49] アルカBOT#3062
@ストーリーテラー
DiceBot: (1D10) > 7

[20-Mar-29 PM 10:49] ストーリーテラー#3651
2成功。

かみつきは+2(致死)なので、

4の致死ダメージ

[20-Mar-29 PM 10:50] パトリシア#6215
痛い><

[20-Mar-29 PM 10:50] ストーリーテラー#3651
××××□□□

アリアルが護身拳銃持ち出そうかな?w(やさしいST

[20-Mar-29 PM 10:52] パトリシア#6215
w

[20-Mar-29 PM 10:53] ストーリーテラー#3651
とりあえずパティの手番で

[20-Mar-29 PM 10:54] パトリシア#6215
ルール確認中

[20-Mar-29 PM 10:54] ストーリーテラー#3651
はい

[20-Mar-29 PM 10:55] パトリシア#6215
反射行動で血潮1点消費して回復

[20-Mar-29 PM 10:56] ストーリーテラー#3651
×××□□□□

[20-Mar-29 PM 10:56] ストーリーテラー#3651
こうか

[20-Mar-29 PM 10:56] パトリシア#6215
うん

続いて、ナイフで攻撃

[20-Mar-29 PM 10:56] ストーリーテラー#3651
はい

[20-Mar-29 PM 10:56] パトリシア#6215
意志力消費

[20-Mar-29 PM 10:56] ストーリーテラー#3651
+3

[20-Mar-29 PM 10:57] パトリシア#6215
2+2+3で防御は?

[20-Mar-29 PM 10:57] ストーリーテラー#3651
4w

[20-Mar-29 PM 10:57] パトリシア#6215
強い

[20-Mar-29 PM 10:57] ストーリーテラー#3651
うん

[20-Mar-29 PM 10:57] パトリシア#6215
3d10

[20-Mar-29 PM 10:57] アルカBOT#3062
@パトリシア
DiceBot: (3D10) > 19[8,4,7] > 19

[20-Mar-29 PM 10:58] ストーリーテラー#3651
2の致死ダメージかな

××□□□□□

[20-Mar-29 PM 10:58] ストーリーテラー#3651
アリアルの行動

レベル3従僕はオール5だっけ

[20-Mar-29 PM 10:59] パトリシア#6215
うん

[20-Mar-29 PM 10:59] ストーリーテラー#3651
銃は防御無視らしい

防具もなし

5d10

[20-Mar-29 PM 11:00] アルカBOT#3062
@ストーリーテラー
DiceBot: (5D10) > 22[2,10,5,3,2] > 22

[20-Mar-29 PM 11:00] ストーリーテラー#3651
1d10

[20-Mar-29 PM 11:00] アルカBOT#3062
@ストーリーテラー
DiceBot: (1D10) > 5

[20-Mar-29 PM 11:00] ストーリーテラー#3651
3の打撃ダメージ

××///□□

[20-Mar-29 PM 11:00] ストーリーテラー#3651
マイナ1ペナルティ

ということで引き続きパティを殴る。

死んだらごめんね
(編集註:私はPC死亡容認派、全滅容認派である)

ルールブック付属のデータがわるい

8d10
(編集註:負傷ペナルティを忘れている)

[20-Mar-29 PM 11:02] アルカBOT#3062
ストーリーテラー
DiceBot: (8D10) > 37[7,2,5,5,4,6,4,4] > 37

[20-Mar-29 PM 11:02] ストーリーテラー#3651
外した

[20-Mar-29 PM 11:02] パトリシア#6215
さっきと全く同じで

[20-Mar-29 PM 11:02] ストーリーテラー#3651
セカンド・ルネッサンス完!にはならなかったようだ

はい

[20-Mar-29 PM 11:03] パトリシア#6215
3d10

[20-Mar-29 PM 11:03] アルカBOT#3062
@パトリシア
DiceBot: (3D10) > 10[1,1,8] > 10

[20-Mar-29 PM 11:03] ストーリーテラー#3651
××□□□□□ こうなった。

[20-Mar-29 PM 11:03] パトリシア#6215
1成功

[20-Mar-29 PM 11:03] ストーリーテラー#3651
1成功だから2致死ダメージ

××××///

勝負ありかな

「パトリシアさまーーーー!!!!」

[20-Mar-29 PM 11:04] パトリシア#6215
まだ決着はついてないから

[20-Mar-29 PM 11:04] ストーリーテラー#3651
もう消化試合じゃない?

マイナ3ペナだし

[20-Mar-29 PM 11:04] パトリシア#6215
ダイス目って気まぐれだし

[20-Mar-29 PM 11:04] ストーリーテラー#3651
おk
(編集註:気絶判定が必要な局面だった)

アリアル銃撃

5d10

[20-Mar-29 PM 11:04] アルカBOT#3062
@ストーリーテラー
DiceBot: (5D10) > 25[1,4,8,7,5] > 25

1成功3打撃ダメージ

×××××××

えーっと

気絶判定か

[20-Mar-29 PM 11:05] パトリシア#6215
うん

[20-Mar-29 PM 11:06] ストーリーテラー#3651
まってね

昔戦闘解説ページつくったはず・・

体力判定

体力3

3d10

[20-Mar-29 PM 11:07] アルカBOT#3062
@ストーリーテラー
DiceBot: (3D10) > 13[1,4,8] > 13

成功

では忠犬なので殴らせてもらいます

[20-Mar-29 PM 11:07] パトリシア#6215
あっ

ちょっと待って

[20-Mar-29 PM 11:07] ストーリーテラー#3651
はい

×××××××は気絶判定なしだ

[20-Mar-29 PM 11:08] パトリシア#6215
うん

[20-Mar-29 PM 11:09] ストーリーテラー#3651
アリアルは半狂乱になって犬に銃をばきゅーんぱきゅーん撃つ

そして頭が潰れて検死不要の絶対の死を確信した。

「パトリシア様! お怪我は!?」

[20-Mar-29 PM 11:10] パトリシア#6215
「大丈夫よ」

[20-Mar-29 PM 11:11] ストーリーテラー#3651
血潮4点使ったかな

残4点

[20-Mar-29 PM 11:11] パトリシア#6215
2点じゃない?

[20-Mar-29 PM 11:11] ストーリーテラー#3651
2点だった

残6点

[20-Mar-29 PM 11:11] パトリシア#6215
傷はどんな感じ?

[20-Mar-29 PM 11:12] ストーリーテラー#3651
噛み付きだから太股に噛み付かれたことにしようかな

血族だから血は出てない

[20-Mar-29 PM 11:12] パトリシア#6215
傷は目立ちそう?

[20-Mar-29 PM 11:13] ストーリーテラー#3651
目立たないことにしようか

血潮でふさいだってことで

[20-Mar-29 PM 11:13] パトリシア#6215

[20-Mar-29 PM 11:14] ストーリーテラー#3651
アリアルが念のために犬の死骸を(気味悪いけど)写真に撮っておいた。

周囲に見張っていたりする人影はない…。

ちゃんと狩りのRPをさせる誓い

[20-Mar-29 PM 11:15] パトリシア#6215
4点だと空腹じゃないみたいだから、先に回復しておこう

それで狩りに行く

[20-Mar-29 PM 11:15] ストーリーテラー#3651
はい。

またカムリに乗って

急いで血を吸わないといけないことを察したアリアルは「アリアルから吸っていただければ…?」等という

[20-Mar-29 PM 11:21] パトリシア#6215
「大丈夫よ。アリアルにはそばで私のサポートをしてもらいたいから」

[20-Mar-29 PM 11:22] ストーリーテラー#3651
「解りました。では…サポートしますね。…以前アリス・ノアという子に逢ったのを覚えていますか?」

[20-Mar-29 PM 11:22] パトリシア#6215
「ええ、覚えています」

[20-Mar-29 PM 11:23] ストーリーテラー#3651
「ヘルヴェティカの代わりに…、お友達に…なりました。学部違いますけど。彼女なら油断してるでしょう」

彼女で良いならiPhoneを取り出してアポイントメントを取ってくれるらしい。

[20-Mar-29 PM 11:24] パトリシア#6215
お願いする

[20-Mar-29 PM 11:25] ストーリーテラー#3651
「大学寮に居て、歓迎する、だそうです。ちょっと罪悪感がしますけど」

[20-Mar-29 PM 11:26] パトリシア#6215
「ごめんね。そんなことさせちゃって」

[20-Mar-29 PM 11:27] ストーリーテラー#3651
「いいえ! 彼女もパトリシア様にまた会いたいって…!」

ということでなにもかもすっ飛ばして

学生寮(アリアルとは違う棟)のアリスの部屋の中に迎え入れられたのだ。

{Attachments}
https://cdn.discordapp.com/attachments/690507708293578782/693828805395218482/torikabuto_flower_knight_girl_drawn_by_arikawa_satoru__1ca4e6c54a1a8fe42eb903388d5debc3.jpg

[20-Mar-29 PM 11:28] パトリシア#6215
画像豊富だね

[20-Mar-29 PM 11:28] ストーリーテラー#3651
「…こんな時間に何のよう?」

フラワーナイトガールらしい。

じゃぶじゃぶ課金

[20-Mar-29 PM 11:29] パトリシア#6215
したの?

[20-Mar-29 PM 11:29] ストーリーテラー#3651
しない

[20-Mar-29 PM 11:29] パトリシア#6215
だよね

[20-Mar-29 PM 11:30] ストーリーテラー#3651
「あの時、アタシを置いていったでしょう…」

[20-Mar-29 PM 11:31] パトリシア#6215
「ごめんなさい。私が悪かったです」

[20-Mar-29 PM 11:32] ストーリーテラー#3651
「解れば良いのよ。ね、ねえ…覚えてないんだけど…」

「アタシ、アンタとしたの?」

[20-Mar-29 PM 11:33] パトリシア#6215
「えっ、覚えてないの……」と傷ついたような感じでいう

[20-Mar-29 PM 11:34] ストーリーテラー#3651
「ゴメン…。酔った勢いだったかしら…アタシ、彼氏がいるのに…」

「彼氏がいるのに…。あの時の快感だけは覚えているの」

ツインテールの髪を弄ってもじもじしている…。

[20-Mar-29 PM 11:36] パトリシア#6215
アリスを抱き寄せる

[20-Mar-29 PM 11:36] ストーリーテラー#3651
「ふぁっ…あふっ…」

抱きかかえられる。

その瞳は快楽への期待に満ちている…。

[20-Mar-29 PM 11:40] パトリシア#6215
「アリス、かわいい。じゃあ、行こうか」と言ってベッドに寝かせる

[20-Mar-29 PM 11:41] ストーリーテラー#3651
ぱたん。大人しく放り投げられる。

アリアルは「愉しんで下さいね^^」と複雑な笑顔で寝室の扉を閉じる。

[20-Mar-29 PM 11:41] パトリシア#6215
w

リリィの攻め方を思い出しながら、アリスの身体をゆっくりと愛撫していく

[20-Mar-29 PM 11:47] ストーリーテラー#3651
「はぁ… 女…同士…で……っ!」

愛撫に身を任せ、口で嫌がりながらも愛撫を返す。

「このヘンタイ! なんでこんなに慣れてるのよ…!」

[20-Mar-29 PM 11:51] パトリシア#6215
「くす。素直じゃないんだから」

[20-Mar-29 PM 11:51] ストーリーテラー#3651
「アンタ、ホストか何か…? 彼氏より気持ちい……じゃない。っっ!」

[20-Mar-29 PM 11:53] パトリシア#6215
「本当に素直じゃないね。でも、そこがかわいい」

[20-Mar-29 PM 11:53] ストーリーテラー#3651
口ではそういつつも腰の動きがいやらしい。

[20-Mar-29 PM 11:54] パトリシア#6215
「ねえ、私を部屋に入れてくれたけど、実は期待してたんでしょう?」

[20-Mar-29 PM 11:55] ストーリーテラー#3651
「わ、悪い…? 彼氏とじゃイけないんだから、仕方ないじゃない!」

「あんな…、気持ちいいこと教えたのアンタじゃない! 責任とらせて上げてるの…!」

[20-Mar-29 PM 11:57] パトリシア#6215
「じゃあ、責任とって気持ちよくさせてあげるね?」

[20-Mar-29 PM 11:57] ストーリーテラー#3651
こくん(頷く

[20-Mar-29 PM 11:59] パトリシア#6215
アリスを抱き起こして、首筋に口付ける

[20-Mar-29 PM 11:59] ストーリーテラー#3651
「はあっ……っ はあっ……っ!」

以前吸ったときと代わらぬ味わい。理由不明の美味。極上の味。
彼女の血を味わえば、血族の誰もが独占したくなるであろう、至高の甘露。
そしていつになく獣が悦び、パティを快楽に震わせる。
パティもアリスも、通常の女の身体では味わえないような、深く、強烈で、引き返せないほどに魅力的で淫らな、そんなぐちゃぐちゃの肉欲の世界に耽溺する…。

「はぁぁぁああああ゛あ゛っーーー!」

veiros.hatenadiary.jp